歯医者に教えてもらった歯磨き粉を紹介!【虫歯予防・ホワイトニング】

いっしーです!

歯科検診を定期的に受けているんですが、その時におすすめの歯磨き粉を教えてもらったので、記事にまとめます!

その辺のドラックストアで買えるものやAmazonなどのネット通販で購入できるものをまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

歯磨き粉(虫歯予防)

虫歯予防に有効な成分としておなじみのフッ素。特に虫歯になりやすい人は、フッ素が1000ppm以上配合されている歯磨き粉を選ぶと、一層虫歯予防の効果が狙えるようです。

Check-Upシリーズはドラックストアであまり見かけないので、Amazonとかのネット販売で購入が楽です!ドラックストアで買うなら、クリニカシリーズがおすすめです。

LION Check-Up

Check-Up standard

created by Rinker
ライオン歯科材
¥512 (2020/10/30 16:58:29時点 Amazon調べ-詳細)

フッ素が1450ppmと高濃度になった歯磨き粉。毎日の歯磨きに取り入れることで、虫歯予防の効果を発揮します。

Check-Up kodomo

ライオン チェックアップコドモ 60g(DENT.Check-Upkodomo) ストロベリー
ライオン
created by Rinker
ライオン歯科材
¥580 (2020/10/30 16:58:31時点 Amazon調べ-詳細)
ライオン チェックアップコドモ 60g(DENT.Check-Upkodomo) アップル
ライオン
注意

6歳未満の子供が Check-Up standard 使用すると、フッ素症のリスクが生じてしまいます。

6歳未満の子供はフッ素濃度が適度に抑えられた、1000ppm以下の歯磨き粉を選ぶようにしましょう。

MEMO

※フッ素症とは歯のエナメル質に白い斑点ができる症状

LION クリニカ

ドラックストアでフッ素化物高濃度の歯磨き粉を買うなら、これ!

Check-Upと同じフッ素が1450ppm配合されています。

ウエルテック コンクール ジェルコードF

ジェルタイプなので、入念な歯磨きができるのがこれ!

歯周病の症状として知覚過敏を自覚している方にも最適みたいです。

使った後の歯のツルツル感も大きな特徴の1つです。

歯磨き粉(ホワイトニング)

歯垢や着色汚れがつきにくい歯にしたい、という方には「ハイドロキシアパタイト」がおすすめで、エナメル質に近い成分で、歯の表面についた傷を埋め、歯垢や着色汚れをつきにくくする効果があるみたいです。

それが多く含まれている歯磨き粉がアパガードシリーズ!普通の歯磨き粉に比べて高いですが、思っていた以上に汚れが落ちてキレイになったので、たまに使ってみるといいと思います。

アパガード

アパガードMプラス

着色汚れが気になる方におすすめなのが、アパガード Mプラス。

アパガードスモーキン

アパガード スモーキンは、主にタバコを吸う人やコーヒー・紅茶・ワインなどを好む人に適した歯磨き粉です。ステインとヤニを除去する成分をダブル配合したことで、歯を本来の色に近づけます。

アパガードプレミオ

ナノ粒子のハイドロキシアパタイトを、Mプラス/スモーキンの1.4倍配合した、アパガード プレミオ。高濃度のアパタイトでプレミアムな口腔ケアが可能になっています。

アパガードプレミアエクストラミント

アパガードプレミオのエクストラミントフレーバー。強めのミントがお好みの方におススメ!

まとめ:歯磨き粉(虫歯予防/ホワイトニング)

歯がしみるまでは全く気にせず過ごしていたので、全然歯医者に行かなかったんですよね。

社会人になって歯医者に行った時は虫歯が数本と歯の表面が汚れていました…

毎日歯磨きしていましたが、思っていたより歯が悪い状況だったので、色々と質問し改善しました!

その一つが歯磨き粉で、実際に教えてもらったものを2種類購入し実際に試してみました!

普段はフッ素が多く配合されているCheck-Up standard を使っていて、歯の表面の汚れが気になった時にアパガードを使っています。

虫歯治療後、歯科検診を定期的に受けていますが、今は特に問題なく良い状態をキープ出来ているので、ぜひ使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です