【2019年版】一人暮らしスタートに必要な家電・グッズまとめ!

いっしーです!

社会人になってから、一人暮らしを初めて数年経ちます。

その生活を振り返ってみると最初に買っておけば良かったと思うものや後々いらなくなったものがあります。

生活スタイルは徐々に変わるものなので仕方がないですが、これから一人暮らしを始める人の参考になればいいなーと思ったので、色々と紹介していこうと思います。

掃除や洗濯系のグッズ・家電

クイックルワイパー

一人暮らしを始めたばかりの頃は1部屋だけの人も多いのではないでしょうか?

そんな人はクイックルワイパーがあれば事足りると思います!

普段の掃除(ホコリや髪の毛)はドライシートを装着してサクッと掃除!

掃除機だと音がうるさいので、周りを気にして夜使えなかったりします。しかし、クイックルワイパーなら音出ないから気になった時にすぐ掃除ができます!

普段ドライシートで掃除してても、皮脂汚れや飲み物、食べ物などで少しずつ床が汚れてきます。

そんな時は雑巾掛けもかねてウエットシートを装着してサクッと掃除することでキレイになります。

 

クイックルワイパー本体一つとシートだけなので、スペースも最小限!一人暮らしで狭い部屋に住んでいる人ほど買ったほうがいいと思います!

コロコロ

マットやカーペットなどを敷きたい人はこれも必須になると思います!

フローリングはクイックルワイパーで掃除できますが、マットやカーペットなどは相性が悪いです。

そんな時、コロコロがあればサクッと掃除ができます。

他にも洋服とかについたゴミや毛などもこれで取れるので便利!

掃除機(ハンドクリーナー)

普段の掃除はクイックルワイパーやコロコロだけで十分ですが、後々欲しくなるのが掃除機。

なるべくキレイな状態を保とうとしますが、放置する場所もあるんですよ…

それは冷蔵庫のような大きな家電や本棚など一度設置したら動かさない物の裏。

そんな場所をしばらく放置しているとホコリがめっちゃ溜まっています。

 

さすがにそういったホコリが溜まった場所はクイックルワイパーで掃除しづらいです。

そんな時は掃除機で一気に吸い込んで、掃除したくなります。

紹介した掃除機はスティック型で省スペース!3000円で値段も安く、ゴミも処理しやすいです。

欠点をあげるとしたらコード付きってことくらい。一人暮らしの部屋だとコード付きでも十分掃除して回れます。

コードがある分邪魔に感じるかもしれませんが、総合的に評価すると微々たる欠点かなと思っています。

洗濯機

JW-C55A-K ハイアール 5.5kg 全自動洗濯機 ブラック Haier

毎日着替えるので、日々溜まっていく洗濯物…

ある程度貯めてから洗濯する予定の人は洗濯機の容量は気をつけた方がいいです。

ぼくは一人暮らし始めた頃はお金がなく、ケチって4.2kgの洗濯機を購入しましたが、これが失敗… 

普段定時上がりで帰れるなら問題ないですが、どうしても忙しい時期があり、週末に一気に洗濯することがあります。

ぼくの購入した洗濯機の容量は4.2kgで、週末に1週間分の洗濯物を1度に洗うことができず2回洗濯機を回しています。

これが本当に面倒… 最初は仕方ないかと思いましたが、何度かあるとストレスがたまるので気をつけた方がいいです。

 

紹介した洗濯機のメーカーはハイアールの製品となっています。ハイアールは中国メーカーで、一人暮らしに優しい安価な家電が豊富です。

値段を抑えたいと思っている人はお世話になるメーカーだと思います。

その洗濯機の容量は5.5kg!

男1週間分の洗濯物が4.2kgだと少しあふれる程度なので、5.5kgあれば問題ないと思います。

あくまでぼく基準なので、よく着替える人や冬場厚着で着込む人など洗濯物が多くなる人はさらに容量のあるものを選んだ方がいいと思います。

部屋干し用物干し竿

乾燥機能付きの洗濯機を買う人には必要ないですが、そんなもの買えないよという人向けの商品です。

平日は学校や仕事で忙しくて週末しか洗濯できない状況のとき、天気予報が雨だと1週間分の洗濯物をさらに放置することになります。近くのコインランドリーに行けば大丈夫!と思っている人も多いかもしれませんが、週末雨の日はコインランドリーが混んでて待ち時間が長い… ってことも多々あります。せっかくの休日を無駄に過ごすことになってしまうので、もったいないです。

そんな時、部屋干し用の物干し竿があれば、部屋の中で洗濯物を干すことができるのでコインランドリーに行く必要がなくなります。

欠点として一時的に部屋が狭くなりますが、洗濯物が乾いたらすぐに畳んで片付ければ大丈夫です。

他にも湿気やニオイが気になる人もいますが、部屋干し用洗剤を使ったり、扇風機やサーキュレーターを洗濯物に当てながら乾かしたりと工夫の余地はあるので、試してみるのもありだと思います。

キッチン周り(料理系)グッズ・家電

ケトル

家でお茶や紅茶、コーヒーなどを入れて飲む人は必需品だと思います!

水を入れてスイッチを入れるだけで、すぐにお湯が沸くので手軽で扱いやすいです。

飲み物以外でもカップラーメンをよく食べる人も使う頻度は高いと思います。

 

なべでお湯沸かせばいいじゃんと思うかもしれませんが、なべでお湯を沸かした後、お湯を注ぐのが手間なんですよ…

その点、ケトルだと注ぎ口があるからスムーズにお湯を注ぐことが出来るし、コンセントさえあればどこでもお湯を沸かすことができます。

ケトル本体が熱くなることもないので、持ち運びもしやすく利便性が高い商品だと思います。

電子レンジ

電子レンジもあるのとないのじゃ、生活の質だいぶ変わると思います。

ただ、普段料理するかしないかで必要な電子レンジは変わってくるので生活スタイルに合わせて購入が必要です。

まずは、料理をあまりしない人向けの電子レンジ

弁当や冷凍食品など温めるだけでいい人向けは6千円 〜 1万円くらいの価格帯になると思います。

 

シャープ RE-S50B-W オーブンレンジ 電子レンジ (ホワイト系)■レンジ出力:500W 200W(50Hz/60Hz)・650W(60Hz) 総庫内容量:15L ターンテーブル 横開き

上記以外にトーストを食べたい人や料理でオーブンを使いたい人はもう少し高い価格(1万5千円 〜 2万5千円)になります。

 

電子レンジはオーブン機能があるかないかで価格が変わってきます。それ以上の価格だとレシピ付きや温め機能の向上など必要以上のスペックになります。一人暮らし始めたばかりの人にはオーバースペックになると思うので、ある程度余裕が出てきたときに買い替えで購入で問題ないです。

電子レンジの調理グッズ

パスタ

電子レンジとこれがあればパスタが簡単に食べれます。

パスタとお湯を入れて、レンジで温めるだけ。その後はレトルトのパスタソースをかけて混ぜれば完成!

たまに時間をかけて料理をすることもありますが、基本的には早く簡単に作れるのが理想。そんな人に使ってみて欲しいです。

 

なべで作ると湯ぎりするためにざるに移したり、パスタを盛り付ける皿を用意したりと面倒だったりします。

そんな手間が少しでも無くしたいと思う人は試してみてください!

ラーメン

パスタのものと同じでレンジで簡単にラーメンを作ることができます。

レンジから出してそのまま食べることが出来るので、作る工程も短縮出来るし、洗い物もこれひとつで済むので楽です。

そうめん

上で消化したそうめんタイプです。ほかにもひやむぎやそば、うどんもゆでることができます。

夏とかそうめんが食べたくなるので、持っておくと手軽に作れて楽です。

ご飯

今回紹介した商品中に炊飯器がないことに気づきましたか?

なぜかというとこれがあるから!電子レンジでご飯が炊けるんです。価格も1000円前後でお手軽だし、場所も取らないから一人暮らしにおすすめです!

もっと早く完成して、洗う手間を省きたいという人はパックご飯がおすすめです。

電子レンジで2分温めるだけで完成!食べた後は容器を捨てれるので洗う手間も省けます。

一人暮らし始めたときに炊飯器を購入したけど、今は全然使ってないですね。炊飯器を使うタイミングは友達が遊びに来て、量を炊く必要があるときくらいです。普段は上で紹介したものでご飯はまかなっています。

冷蔵庫

生活をする上で必要不可欠な家電ですね!

冷蔵庫を購入するときに注意すべき点がいくつかあります。

まずは必須機能

  • 耐熱性能の天板
  • 霜取り不要なファン式

上の2つがあるだけで生活の質が大きく変わります。

耐熱性能の天板を簡単に説明すると、これがあることで冷蔵庫の上に電子レンジを置くことができます。ただし、オーブンやトースターは高温になりやすいので、避けた方がいいと言われています

次に冷凍庫の冷却方法ですが、ファン式を選ぶことで霜取りをする必要がなくなります。安価な冷蔵庫には冷却装置が直接設定され、しばらく使っていると冷凍室の壁に氷のかたまり(霜)が付きます。その霜が大きくなると冷凍庫のスペースも減るため定期的に取り除く必要があり面倒です。

 

冷蔵庫の容量は一人暮らしで自炊をあまりしない人は100L〜150Lがちょうどいいと思います。

ファン式 2ドア 冷凍冷蔵庫 148L ブラック JR-NF148B haier ハイアール

ぼくが使っている冷蔵庫が上のやつとほぼ同等です。

普段の食事は外食かコンビニ弁当、冷凍食品が中心でたまに自炊する程度。自炊する時食材を入れると冷蔵庫がいっぱいになりますが、それ以外の時は飲み物を冷やす程度なので比較的ゆとりのある容量だと思っています。

 

ただし、自炊メインで食材を多く買う人は容量が足りないです。そんな人はもう一回り大きいサイズ(150L 〜 250L)がおすすめです。

必須機能を確認しつつ、容量を選ぶことで自分にあった冷蔵庫が購入できると思います。

趣味・娯楽系

パソコン

Apple MacBook Air 13.3インチ

スマホやタブレットが普及して持っていない人も多くなってきたと聞きますが、ぼくは必要だと思っています。

何か調べ物をする時は今だにパソコン一択。スマホのフリック入力や予測変換も早く打てますが、次々にページを切り替えて調べる時はパソコンの方が圧倒的に早いと感じています。

Kindle

Kindle Paperwhite(キンドル ペーパーホワイト) 電子書籍リーダー 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB

読書する人におすすめのデバイスです。小説やビジネス書、漫画などを読みんだり、持ち運びしたい人は試してみて欲しいです。

スマホやタブレットでも読めますが、長時間読んだ時の目の負担が変わってきます。

タブレット

Apple iPad 9.7インチ Wi-Fiモデル 32GB 2018年 Apple Pencil対応

ノートパソコンが必要ないという人はタブレットを試してみるのもありだと思います。

スマホに比べて画面サイズが大きくなるので、動画を快適に観れますし、雑誌などを読むとき実物大で読むことができます。

iPadとApple Pencilそれぞれ持っているとメモ書きやノートの変わり、絵を描いたりと様々な用途があると思います。

Fire Stick TV

Amazon プライム会員なら必須アイテムです!TVにこれを繋げることで様々なコンテンツが楽しめます。

見れるコンテンツは Prime Videoはもちろん、それ以外にも Hulu、Netflix、AbemaTV、DAZNなどの視聴にも対応しているので、大画面で観たい人は一度試してみて欲しいです。

無線ルーター

上で紹介してきたデバイスを使いこなすには無線環境を整える必要があります。

おすすめはバッファローから出ている無線ルーターですね!

【バッファロー】Air Station 866+300Mbps 11ac対応無線ルーター[ブラック] WSR1166DHP3BK(2435107)

無線ルーターを購入するときの注意点として対応しているネットの速度を確認した方がいいです。

最近のネット回線はGigaに対応しているところが増えてきました。しかし、ルーターが古いままだと速度上限が100Mbpsや200Mbpsとせっかく早い回線にしたのに遅いままになります。

ネット回線の速度上限に対応したルーターを購入することで快適なネット環境を整えましょう!

買う必要がない家電

テレビ

地上波よく見てるから必須だよという人は買ってもいいと思いますが、ぼくはそこまで必要ではないと思っています。

最近は月額サービスで映画やアニメが見放題なコンテンツが増えてきたことやYouTubeなどの動画を見る方が圧倒的に増えたからです。

一人暮らしを始めた頃はパソコンやタブレットで動画コンテンツを楽しんでいました。

今は先輩から譲ってもらったテレビがありますが、地上波をつけることはほぼないです。上で紹介したFire Stick TVで様々な動画やアニメ、映画など流して楽しんでいます。

そんな生活なので、テレビは必須家電じゃないなと思っています。

炊飯器

電子レンジの便利グッズで紹介したものがあるので、電子レンジが炊飯器代わりになっています。

普段使う機会がなくなり、たまに友達が遊びに来て多くご飯を炊く時に使う程度になっているので、買わなくてもよかったなと思っています。

エアコン

最近は借りる部屋に付いていることが多いので買う機会が少ないと思います。

なので、一人暮らしを始める際には借りる家に備え付けでエアコンが付いているかどうか確認してから買うかどうか判断しましょう!

まとめ

様々な家電や便利グッズを紹介しました!

一人暮らしの買い物リストのように活用できればいいなと思います。ぜひ参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です