【Splatoon2】スプラトゥーン甲子園2018 東海地区大会観戦に行ってきた!

いっしーです! スプラトゥーン甲子園2018 東海地区大会の観戦に行ってきました。 決勝出場チーム名とか書いてあるので、ネタバレがダメな人はタイムシフトを見た後に読んでください。 ニコニコ生放送「第3回 スプラトゥーン甲子園(東海地区大会)」

スプラトゥーン甲子園2018 東海地大会

以前にスプラトゥーン甲子園2018の発表があった時に記事にまとめているので、詳細が気になる人はご覧ください。過去記事「Splatoon甲子園 2018が発表されたぞ!」   簡単に言うと、任天堂から販売されている「Splatoon」シリーズの全国大会のことです! 今回は東海地区大会の観戦のため、2017年9月24日に愛知県(名古屋)の久屋大通公園(ニコニコ町会議同会場に行ってきました。

日中日差しが強く感じるくらいに天気がよく、試合観戦にちょうどいい日になりました。 112チームと参加チームも多く、「イカス号」「イカス屋台」の2つのトーナメントで決勝を争います。それぞれのトーナメントの勝者2チームが東海地区代表として全国大会出場を得ることが出来ます。

会場では甲子園応援グッズも販売されており、僕はタオルを購入しました!(公式Twitterの1枚目画像)「スプラトゥーン甲子園2018 応援タオル 1,500円(税込)」

イカス号で観戦

僕は「イカス号」のトーナメントを観戦しました。1回戦、2回戦は力量の差が大きく一方的な試合がありましたが、3回戦以降は力の差もなくなり、最後までどっちが勝つかわからない接戦な試合が多くなっていきます。最後のラストスパートで逆転などもあり、見ていて楽しかったです。   個性的なチームも多く、 なぞのキャラ設定やコスプレがいた「パブロこすりつけ隊」「理論上」「タレさん推進委員会」 チーム名で盛り上げた「お茶ノ国から〜味噌を添えて〜」「旦那@4」 ほかにもたくさんのチームがありましたが、特に上記のチームは試合以外でも楽しませてくれましたw   試合観戦は楽しめましたが、残念だと思ったことが一つあります。武器構成の偏りがひどい…   大会前のアップデートで強化された「イカスフィア」「スーパーチャクチ」「ハイパープレッシャー」のついた武器が多く使われていました。 武器で言うと特に多かったのは「プロモデラーRG(金モデラー)」「スプラシューター(スシ)」「スクリュースロッシャー(洗濯機)」です。   イカス屋台の決勝戦では「じゃんだらりん!」チームがプロモデラーRG×4で参加。他の決勝戦出場チーム「イノセンス」「理論上」「Zone」は「シューター」「プロモデラーRG」「スクリュースロッシャー」とほぼ同じ武器構成でした。 「今後の地区予選までに武器のバランスを調整しないとダメなのでは?」と思いました。急ぎで対応して欲しいですね。  

まとめ

東海地区大会の会場は盛り上がっており、楽しく試合観戦出来ました。生放送も来場者数が12万人、10万コメント突破していたようで、多くの人が見ていたようです。   大会に参加するだけあって、みんな上手い!試合展開が早く、観戦モード(俯瞰視点)でステージの色変化を見ているだけでも楽しめました。 今のところ僕の腕前は「S」なので立ち回りなど参考にしたいシーンが多くありました。早く「S+」に上がって大会参加者のような動きが出来るようになりたいです。   ただ、今回の大会で残念だったことが、武器の偏り。大会前のアップデートで強化されたスペシャルが強すぎる。みんな選びますよね… 様々な武器構成で戦っている試合を見たいので、早く対応してくれることを願います。   今後もアップデートでステージや武器が増えていくので、環境がどんどん変わっていきます。今後の大会が東海地区と同じとは限らないので楽しみです。 次は2017年10月15日の東北地区大会ですね!会場は遠く参加出来ないので、生放送で楽しみたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です