【iOS 11】便利機能まとめ!iPad編

いっしーです! 2017年9月20日に「iOS 11」が正式リリースされました!今回のアップデートでiPadが新しいデバイスに生まれ変わります。MacのようなDockが追加され、マルチタスク機能の強化、ファイル管理アプリの追加など利便性が向上しています。その他にも様々な機能の追加や変更などがあるので紹介していきたいと思います。

MacのようなDockが追加

今までのiPadでは、ホーム画面に戻らないとDockは使用できませんでした。しかし、iOS11からはいつでもDockを呼び出すことが可能です。 必要な時に画面下からスワイプすることでDockを表示することができます。Dockの左側にはよく使うアプリを表示し、右側には最近使用したアプリが表示される仕組みとなっています。

マルチタスク機能の強化

上記で紹介したDockを表示する勢いのまま上へスワイプし続けると、マルチタスク画面とコントロールセンターが一体化した画面が表示されます。アプリの画面も大きく表示され、切り替えやすくなっています。 また従来の「Slide Over」や「Split View」の機能を強化しており、上記のDockを活かす仕組みへ進化しています。 以前は右側からアプリを追加で起動し、画面の分割位置の調整のみでしたが、iOS11からは左右のアプリの入れ替えやDockからアプリをドラック・アンド・ドロップをすることで切り替えることも可能になりました。 さらに「Split View」になっている状態で、2つのアプリの間にDockから別のアプリを開くと「Side Over」の状態で表示することもできます。3つのアプリをそれぞれタッチすると反応があるので、3つのアプリを同時に起動していることになります。

ファイル管理アプリの追加

「iCloud Drive」や「Google Drive」、「Dropbox」など今までファイル管理アプリはありましたが、これらを一括で管理出来る純正アプリが追加されました。 アプリ間のファイルの受け渡しがドラック・アンド・ドロップで出来るため、直感的に使用できます。また、マルチタスク状態での使えるので、画像編集のときに画像を持ってきたり、メールへの添付が楽になりそうです。

その他の新機能

  • ロック画面中にApple Pencilでタップするとメモ起動
  • スクリーンショットをとった直後に編集可能
  • メモにドキュメントスキャナー機能追加
  • キーボードで上下フリックすることで、数字や記号を入力可能
上記のような機能も追加されている。 ※iPhoneでも追加された機能も合わせると他にもあります。

まとめ

今回のアップデートでiPadが劇的に進化したことわかりましたでしょうか? iPadを持っている人はiOS11にアップデートをすることをおすすめします! ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です